ユーザ検索: (?)

ホームページさんのコトバコ

インターネットはパケット通信が行われています。

元々は米軍の研究所で開発された通信方式なので、災害時の
通信手段としてとても有力です。

3月11日の震災の時でもTwitterはまったく問題なく通信
できたと言う話を聞いた事はありませんか?

Twitterはミニブログと呼ばれているもので1パケットだけで
通信が成立します。だから、1つのパケットさえ相手に届けば
通信ができてしまうのです。

こういった事は、インターネットの仕組みがわかっていないと
なかなか理解できません。

インターネットは使えるのは今や当たり前という時代ですけど、
もう一歩知識を深めて、その原理も知っておいた方が良いです。
ネットの知識を持っていると、自分でレンタルサーバーを借りて、
WEBサイトを公開する時などにその知識は役立ちますからね。

震災の後に携帯電話のキャリア変更、スマートフォンへの変更を
考えている人が多くいると話題になっています。

震災直後に固定電話・携帯電話の通話回線に制限がかけられ
緊急連絡につかえず、また携帯メールの送受信が遅延した事も
あり不安になったという話がありました。

一方、スマートフォンやインターネットを介した通信での安否確認
や情報収集は役に立ち助かったという話がありました。

こういった話を聞くとインターネットを利用しやすいスマートフォン
やタブレット端末が良いように思えます。

しかし、良いと思われるスマートフォンやタブレット端末は
携帯電話にあるワンセグや地震速報等の情報に対応していないもの
が多くあり、一緒にいた人の携帯電話のワンセグや地震速報が
役立ったという話もありました。

どのような通信手段を使ってもそれぞれメリット・デメリットはある
ので自分の使っている物がどういうものなのか、少なくとも緊急時に
どういう風に使えるかは知っておいた方が良いですね。

あと、スマホは維持費が高いので、そのことも考慮に入れましょう。
そうしないとこの様にお金の支払いで苦労をすることになります。
コメント(0)

ホームページを作成するには、様々な方法がありますが、
大抵の方はテンプレートというのを使っています。
テンプレートとはひな形です。

大抵のテンプレートは、ホームページの外枠や背景がすで
に作成済み
で任意のテキストを書きこんだり、画像を入れ
たりするだけで、ホームページができるものです。

あと、テンプレート以外のホームページ作成手法はホーム
ページ作成ソフトを使う事です。有名なのはホームページ
ビルダーです。これには、欠点があって、機械的につくる
のでHTMLのコードに無駄が多いという事です。

ホームページを作成する時は、メリット・デメリットを良く
考えて自分にあった手法で作る事が大切です。

しかし、メリット・デメリットを考えてと言われても
どれが自分にあっているのかわからないと思われる方も
いらっしゃると思います。

そういう時は初心者や初めてのホームページ作りで紹介されて
いるものの中から自分でも使えそうと思うものを選んでホーム
ページ作りをはじめると良いでしょう。

実際ホームページを作成することで自分がどんなホームページ
を作りたいのかイメージがはっきりし何が必要か具体的になり
ます。そうすれば自分にあう必要な手法を見つける事が出来ます。

あまり気負わずにホームページを作成してみませんか。
コメント(0)

自分は、無料レンタルサーバーをたまに借りるのですが、
無料なだけに運営がいいかげんな所が多いなと感じています。
何も連絡なしの突然の閉鎖はしょっちゅうですからね。

だから、本当にどうでもいい様なホームページを作ったり、
HTMLなどの勉強のために借りるのなら良いですけど、
間違っても無料レンタルサーバーで本格的なホームページ
は作るべきではありません。

苦労して作ったのにある日突然閉鎖という事が起きます。
そして、バックアップがあったとしても、
別のサーバーを借りて、元のホームページを復元すると
検索エンジンからコピーサイトとみなされて、
しばらくは、検索エンジン経由から訪問者がまったく
訪れないサイトとなってしまいます。

今は月100円だせば、有料レンタルサーバーを借りれる
時代
です。月100円だせば、突然のサイト閉鎖を防げるなら
すごく安い金額だと思うのですけど。

サイト運営のポイントはお金を掛ける所は出し惜しみを
しないで、お金を出すという事です。
そうでないと、サイト閉鎖などの突然のトラブルにあって、
その復旧作業に時間を取られてしまうことになります。
復旧作業の手間と時間を考えるとレンタルサーバー代は
決して高いものではありません。
コメント(0)

自分の好きなこと、考えていることをぜひみんなにも知っ
てもらいたい、共有したい…そんな思いで、Webサイトを
作ろうと考えて人もいると思います。より多くの人にアク
セスしてもらうためには、「訪れる人にとってよいサイト」
であることが重要になります。

例えば、たくさんの写真や動画を取り入れた場合、見る人に
とっては開くのに時間がかかるページになってしまいます。
それはページのデータの量が大きすぎるためです。せっか
くホームページを見ようと訪れた人も、ページがいつまでも
開かなかったら、あきらめて見るのをやめてしまうかもしれま
せん。どうしても、と言う場合を除いて、できるだけデータ量を
少なくする方がいいと言えます。

また、見た目も重要です。あまりに凝りすぎると、画面が見づらい
ものになってしまい、これもまた見るのを途中であきらめてしまう
人がいるかもしれません。できるだけシンプルな作りにする方が
いい
ようです。

せっかく自分で作ったサイトが、よりたくさんの人に楽しんでみて
もらえるようにするために、これらのことに注意しつつ作って見ては
どうでしょうか?

まずは自分自身で公開用のサイトを1つ作成して、そのサイト
上で情報を発信しましょう。メールフォームを設置しておけば

訪問した方から何らかのメッセージを貰える可能性があります。

何らかの応答があれば、サイト運営する励みになるし、改善した
方が良いことのヒントを貰える可能性もあります。
コメント(0)

全4件