ユーザ検索: (?)


前のメッセージ 最新メッセージ 次のメッセージ
彼はこう語っていてもちろんファンの皆さんの前に戻りたい気持ちはあるので、色々な事を試しながら最大限の努力はします。ですが今の正直な心境は落ち着いていて、前を向いてしかいないと言うことです」と現在の心境を明かした手術に向け、「その”結果”がどうであれ”結果”に向かうリハビリと言う”過程”においては絶対妥協はしませんし、タダでは手術はしません。これは”ダルビッシュ有の始まり”か”ダルビッシュ有の終わり”かはまだ判別がつきません。ただ愛する”野球界の発展”に繋がる事は確実だと考えています」との思いをつづったダルビッシュ。「今まで応援してくださった方々、本当にありがとうございました。明日の手術頑張ってきます」と覚悟をつづった。しかしながら、目論見通りに任天堂の本業である”ゲーム専用機”のプラットフォームへと橋渡しできるかは、今回の発表だけではわからない。たとえば、任天堂がスマートデバイスでは低い課金率に抑え、ゲーム専用機向けに送客する仕組みを上手につくればつくるほど、アップルやグーグルの目からは”プラットフォームへのタダ乗り”に見えるかもしれない。スマホアプリの流通は、プラットフォームの胸先三寸でルールが変更され、それに対して文句をいうこともできない"怖い世界"だ。

コメント
まだ、ありません。
全0件 
コメントを書くにはログインする必要があります。ログインする