ユーザ検索: (?)


前のメッセージ 最新メッセージ 次のメッセージ
親族の介助・看護が原因のストレスを溜めない為のノウハウとは。
1人で看護と介助を行う人は、当然苦悩は溜まる一方です。相談相手を持たないならば、インターネットを使うのもアリでしょう。検索すれば介助と看護サービスの紹介サイトや介助と看護経験者による個人ブログ等、何かしら助けになる様なサイトがいっぱい見つかります。三十才台で両親を看護・介助している場合、結婚の有無で苦悩の内容も変化します。結婚していない場合実親が対象でしょうし、一方既婚の方でしたら義父母を介護する事もあるからです。どちらにしても心痛は決して自分で解決しようとしない様にする事が肝心です。介護上の悩み事に関しては、親しい方に告白した方が良いでしょう。自分一人しかいない、この様な義務感自体は良いこととはいえ、何かに付けて支えてくれる友人がいれば安心なものです。ストレスを日々溜め込まずに解決するように注意してください。

コメント
まだ、ありません。
全0件 
コメントを書くにはログインする必要があります。ログインする