ユーザ検索: (?)


前のメッセージ 最新メッセージ 次のメッセージ
「寄り合い庭」がつくる調和 | 日本の誤解な住宅設計

"私は、こうした構造がもたらす最人の利点は、かくして庭のエリアが四方から集合して、
家々の環状配列の内部に巨大な庭空間が形成されることではないかと見ています。

いま、仮にこれを、私は「寄り合い庭」と呼ぶことにします。

こうした「寄り合い庭」の存在は、イギリスの諸都市の景観を
圧倒的に豊かにしている一つの大切な要素です。

なぜならば、こうした形式によって、庭は個人のものであると同時に、
そこに住む人々の共有(common)空間という意識が形成される結果、
住民たちは、その庭を美しく保つ責務を負うと、みずから考えるからです。
https://defective-house.xyz/a-good-house/garbage-garden/
"

コメント
まだ、ありません。
全0件 
コメントを書くにはログインする必要があります。ログインする