ユーザ検索: (?)


レーザーポインターについての質問です。


会議やプレゼンなので使う赤レーザーポインター

暗所では当然ハッキリ視認できますが、

例えば明るい屋外の壁にレーザーを当てた場合、

当たってる場所が分からないのは、

グリーンレーザーポインターは届いているけど明るくて見えないのか、

太陽の紫外線などで打ち消されてそもそも届いてないのか

どちらでしょうか?

ふと疑問に思ったのですが、詳しい方のご回答を

お願いいたします。


建築現場では、レーザー墨取り機で、レーザー光を壁や柱に当てて水平や垂直を取るのは当たり前になっている。


屋内だけではなくブロック積みなどで屋外でも使うが、屋内に比べて屋外はやはり見づらい。


では届いてないのかというと、レーザーポインター 指示棒受光器というのがあってそれで墨出し機からのレーザー光がどの位置に来てるか検出できる。


結論を言うと、レーザーポインター 改造からの光は届いてはいるが周囲が明るい場合は肉眼では見つけにくい。



ただ、検出器を使えば届いているのは判る。


http://saruhaku.jimab.net/e1252056.html


http://kokoki.blog5.mmm.me/mmmblog-entry-39.html

コメント(0)

目を失明させないレーザーポインターってありますか?


最近レーザーポインターを見てわいけないと知らずに見てしまいました。(5~6秒くらい)特に見えないとかはないです。けどネットとかで見るとレーザーポインターは0.25秒以上見ると目になんか悪影響があると書いてあっ


たりします。レーザーポインター 講義が目に入るとどの様な症状や、障害がおきますか?具体的に教えていただけるとありがたいです。


レーザーポインターによって、失明する事はありません。レーザーガンであれば可能性はありますが、レーザーポインターで失明は、今まで事例がありません。



但し、他人に照射すれば傷害罪に問われる可能性があります。長く<em>レーザーポインター鳩対策</em>を眼に照射を続ければ、視力低下に繋がりますので注意してください。


レーザーポインターを目に当てるのは危険な行為ですのでおやめ下さい。確かに貴方の仰る通り、眼に直ぐには影響は出ませんが、眼が眩む場合も多くあります。

これを何度も繰り返せば視力の低下につながり、眼精疲労なども出て来ます。



全く安全なのかと言えば、今は安全ですと答えるしかないのです。それはまだ<em>レーザーポインター 改造</em>によって、眼の病気になった方の統計が出ていないからでして、近い将来に何か規制が出る可能性もあります。



数秒程度でしたら謝って照射したと言うのは考えられますが、10秒は故意に自分の目を痛めているのと同じですので、以後、絶対にそのような事はやらないでください。



10年後、20年後の自分に恨まれない為にも、眼を守る努力が必要です。



本来の使用目的とは違う使い方をすれば、何か弊害が出ても、賠償請求はできませんので、ご注意ください。



因みに他人の眼にレーザーポインター 高出力を照射すれば、傷害罪に問われる可能性もあります。


<iframe width="580" height="356" src="https://www.youtube.com/embed/vJ8fKWccloA" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

&nbsp;


http://blogs.yahoo.co.jp/feywety/42953419.html


http://meropost.com/fawrg

コメント(0)

レーザーポインターを使ってプレゼンするときに、しばらくするとポインターの光が弱くなってしまいます。

電池切れでもなく、他のポインターを使っても同様です。


用しているポインタは1mWのものです。

新しい電池に替えて、4から5時間(ポインタはつけっぱなしと言うわけではなく、付けたり消したりです)

使うと、光が弱くなってきます。先端を下向きにしたり、振ったりすると、少し回復する印象です。

使い方(ポインタの向き?)が悪いのでしょうか?


200mwとかのレーザーポインター パワーを持っているのですが、連続使用時間というものが決まっています。

僕の持っているものだと2分以下、1分以下とかです。



プレゼンのものだったら1mwが普通ですね。使われるとしても5mwくらいまででしょう。

これほどの弱いものだったら10分くらい点けっぱなしでもそんなに悪いことはないと思います。

考えられる原因は、電池の消耗や熱、やはり連続使用時間が問題かもしれません。

レーザーポインター 距離は本体の温度が30℃くらいになれば最大限のパワーを出せます。

冷えていると少し暗いです。

逆に熱くなると壊れます。



補足について

電池の接触不良かもしれません。

マイナス極に触れるバネの部分が酸化して電流の流れが悪くなっていたり、ただ単にバネが届いていないとかかもしれません。

バネを細い金属の針などでカリカリと削ってみたり、バネを軽く引っ張ってみたりしてみては追どうでしょうか?

これでダメなら、やはり熱や連続使用時間、電池の消耗などの問題かもしれません。



ちなみにライトやポインターの場合、電池はマンガンよりアルカリのほうが明るいです。


https://www.focusreza.com/product-y029.html


https://www.focusreza.com/blog-7.html

コメント(0)

レーザーポインターに詳しい方お願いします。

200mwのグリーンレーザーを持っています。

購入当初は壁に当てると、一点だけ照射されてたのが、

今は照射されてる点の周りにレーザー手袋光が

斑に?映ります。


レンズの汚れでしようか?

ポインターに調光等はついていません。

調べてもわかりませんでした。

購入して2ヶ月位です。購入当初より光量もよわいです。

斑模様は治るんですかね?

お願いします。


僕は一応天体指示レーザーポインターを持っていますがそのような経験は

ありません、ですが光量が弱いのは電池が劣化してるからではないですか

あと斑みたいに映るのはレンズの汚れかもしれません

綿棒で掃除してみてください、しかし普通は2ヵ月でそのようなことには

ならないはずです、そこで以下の所に心当たりがないか見てください



落としたりした(発光部分に傷が付くことがある)



電池を入れっぱなしにした(微弱電流が流れているため電池

の減りが早い)



レーザーポインター パワー発光部分を太陽に向けた(集点によって発光部分が焼けることがある)



熱いところにのせた(電池が発熱し発光部分を損傷させることもある)



基盤をいじったことがある(基盤がショートして光量が低下することもある)



雑な扱いをした(壊れるリスクが高くなる)



水に入れた(ショートして機能が低下する



このぐらいですが思い当たることがあればもしかしたらそれが

原因だと思います



<a href="http://ww

コメント(0)

市販のレーザーポインター 高出力の光、富士山からどこまで届く?


今回の実験では、多摩丘陵(神奈川県川崎市)に赤レーザーポインターを設置し、20キロあまり離れた六本木ヒルズ(東京都港区)に向けて発射。六本木ヒルズの展望台から観測できるか試しました。結果は、見事に成功。展望台からスマートフォンで撮影した写真にもレーザーの光がはっきりと写っていました。 大平さんは、こうしたアイデアを以前から持っていたようですが、11月11日夜は冬型の気圧配置(透明度が高い)との予報を受けて、当日午後2時ごろから突発的に準備を開始。



次回は、富士山5合目から六本木ヒルズへ光を届ける企画を考えているそうです。また、実験の前に「レーザの波長と距離」などを計算し、「危険性の有無」を確認してから実行したことも報告しています。


市販のレーザーポインターの光はどこまで見えるのか――プラネタリウム「メガスター」の開発者・大平貴之さんが先頃、20キロあまり離れた場所から見えることを実験で確認しましたが、さらに長距離の実験に挑みました。


今回は富士山五合目に超強力ブルーレーザーポインターを設置し、横浜ランドマークタワーから光を観測することに成功。80キロ離れた場所からでも見えることが分かりました。


http://faerth.on.omisenomikata.jp/diary/1481200


http://blog.eigyo.co.jp/fdukt/day/20161115

コメント(0)

まるでアイアンマン! ドイツの研究者が作った超強力ブルーレーザーポインターグローブがスゴイ


アイアンマンが手から放つ「リパルサーレイ」のように、手のひらレーザーポインター 強力ダイオードを取り付け、自由に光を放てるレーザー?グローブを作り上げた。


しかも、光るだけではなく、風船を破裂させ、木やCDケースを焦がすことができる。人間の目に向ければ、相手は失明してしまうほどの危険なアイテムなのである。 このグローブを制作したのは、ドイツ人研究者のパトリック ?プリーベ氏だ。彼は大のアイアンマン好きで、昨年からグローブの制作を行っている。


今回出来上がったものが3作目で、少しずつ改良を重ね、より扱いやすい形へと進化している。 7.4ボルトのリチウム電池を動力に、その威力は1000ミリワット。アメリカで一般用のもっとも現場用レーザーポインターは5ミリワットだから、その200倍もの威力がある。5ミリワットでも人に向けるのは危険とされている。


このグローブはそれをはるかに凌ぐものであり、光を直視すれば確実に失明してしまうだろう。 デモンストレーションの様子をYoutubeで公開しているのだが、たやすくロウソクを着火し、壁に貼り付けた風船を破裂させてしまうのだ。 カッコイイのは確かなのだが、考えようによってはとても危険な武器にもなりかねない。できるだけ安全に使用してくれることを願う。



http://hurumaki.mie1.net/e608258.html


http://1137.jp/post/entry/8553

コメント(0)

レーザーポインター光線を観客の目に照射、30人超が失明か


ロシアのテクノ?コンサートであるAkvamarinフェスティバルにて、7月6日に30人超の観客が目にレーザー光線を浴びて傷を負い、失明する恐れがあるとのこと。既に数人は視力を80%失っており、医者によると、回復することはできないそうです。また、現場にいたほかの観客によると、持っていたカメラやビデオカメラも破損しているとのこと。かなり強力なレーザー光線だったようです。


もともとこのコンサートはファンのウェブサイト上で告知され、約1000人ほどが集まったとのこと。前日の7月5日の夜に大雨があったため、テントがダンスフロア上に張られており、レーザー光線は会場の空の部分から観客に向かって何回か照射されたとのこと。参加者の一人によると、レーザーポインター 高出力光線が目に当たったとき、太陽を長い間見ていたかのような感じで視界に何も見えないスポットができ、2日間が経過しても元に戻らなかったので3日目に病院へ行ったとのことです。モスクワの警察によるとこのコンサートの主催者を発見するのは極めて難しい、とのことです。なお、赤色のレーザー光線よりも緑色のレーザー光線の方が50倍以上もの強い光を放ち、グリーンレーザーポインター(出力400mW、到達距離約300km、9万4800円)を使った場合、たばこに難なく火を付けることができ、以下のような感じで光がまっすぐ進むのを確認できるそうです。


以前このようなレーザーを出力する機器の会社で働いていたという人のタレコミによると、リンク先にある「赤色のレーザー光線よりもグリーンレーザーポインター光線の方が50倍以上もの強い光を放ち」というのは誤りで、赤色レーザーよりも緑色レーザーの方が強いわけではなく「視認性」が高い、つまり、赤レーザーポインターは暗いため、同じ明るさに感じさせるには数倍のパワーが必要ということだそうです。



http://www.e-kuchikomi.info/life-couns/thread-137223.html


http://katsu.ula.cc/test/read.cgi/ftjueryuk/1477821343/l10


&nbsp;

コメント(0)

グリーンレーザー100mwでマッチ、タバコ点火方法と原理


マッチ点火:グリーンレーザー100mw、赤レーザーポインター200mw、調焦後点火


できるだけグリーンレーザーポインターを選びください。それは緑レーザー光線は散らしにくいです。


Step1:レーザーポインターの焦点を調整し、焦点をフォクスする。

Step2:マッチを射出光線の一番細かいところに置きます。

Step3:数秒後集めている熱量はマッチを燃やせる。


&nbsp;


原理:レーザーは通常の光と同じ、エネルギーが含まれています。通常光に比べて、レーザ光は指向性とエネルギー集中特が強くて能量を集めている光線です。例えば、100wh出力のレーザーで点火するのは、100whの工率の能量を何mm²面積のところで輸出する。面積がとても小さくて、能量密度はとても高いです。だから、瞬間に集めている能量は熱を生産して、マッチを燃やすことができます。

あるレーザーポインターは調焦ができて、平行な光線を点に集めて、更に燃やす効果を高めます。


レーザーの出力について:


市場に流通している製品の最高出力は、グリーンレーザーポインターが1000mw(1W)ぐらい、世界最強レーザーポインターが3000mw(3W)ぐらい、それ以上の出力は大体何倍出力を夸张し、消費者を詐欺する行為です。真実出力でレーザーポインター販売店おすすめ:focusreza.com。


点火できるレーザーポインターおすすめ:レーザーポインター 距離レーザーポインター 害鳥駆除レーザーポインター 200mw レッド


http://imgfave.com/view/6558309?uploaded_by=520834


http://fastre.wikidot.com/tyoukou


&nbsp;


&nbsp;

コメント(0)

自転車用、レーザーライトで事故防止


レーザーもこのような形で使われるようになり

レーザーがとても身近になってきたように感じます。

いずれ車のライトとかにもレーザーが使われて来たりするんでしょうかね?

今の所、自転車用レーザーライトが採用されているようですが???



レーザーダイオードは、熱に弱い為、長時間照射する場合は放熱を考えなくてはいけません。

自転車のレーザーポインター カラス駆除の出力がどれくらいなのか不明ですが

おそらく、50mw以下くらいなのではないかと思います。

あまり高くすると発熱量が大きくなるのと消費電力が増すので使えなくなります。

グリーンは、視認性が高いですが、周りが明るい場所でのレーザーポインター ledライトの明るさってどれくらいなんだろうって思います。

これは、車を運転している人が見て、自転車が来ているとわからなければいけないので

ある程度の明るさも必要になってくるでしょう。

日本では、採用されるのかな?

私からしたら、明るいLEDライトを付けてたらいいんじゃないかと思いますけどね




http://ameblo.jp/fhrihy/entry-12211250357.html


http://fseter.blog10.mmm.me/mmmblog-entry-51.html

コメント(0)

強力タイプレーザーポインターは何に使いますか?



鳥を追い払うのに使用する(カラスなど)

夜空の星や星座を指すのに使用する。

たばこに火を付ける

ろうそくに火をつける

線香に火をつける

紙を燃やす

木を燃やす

プラスチックをカットする。

木に自分の名前を入れる(表札など)

登山で迷った時のSOS信号として遠くの人に知らせる。

熊と遭遇した時に使用する。(熊撃退用)

スズメ蜂または巣を撃破する。

水槽内の害虫を焼き殺すのに使用する(レーザーポインター 強力は水の中でも高熱を発します)

防水構造であれば海の中でも使用可能。

安全な距離から打ち上げ花火や爆竹に火を付ける事が出来る。

レーザーポインター カラス退治は、光線を細くするだけでなく、レンズを外せばライトになります。


レーザーポインターの規制現在の日本では、50mwレーザーポインターの規制があり、日本で販売しているレーザーポインターは1mw以下で販売しなくはならず、PSCマークの取り付けも義務化されています。このPSCシールがないレーザーポインターは規制に違反しており違法販売になります。日本向けに販売しているギガレーザー、kalaser、ワールド無線、銀太朗などのショップは所在地が中国であるので日本の法律は適応されません。アマゾン、ヤフオク、楽天などで販売している業者は日本で販売している業者であるためもし違法なレーザーポインターを販売すれば警察に逮捕されます。2000年ごろ、日本で販売されていたレーザー手袋なんかは出力が100mwくらいあったらしく子供のおもちゃとして簡単に手にはいるような品物であった為子供がおもしろ半分に振り回してその光が目に入り視力の低下や失明などの事故が相次いだ為、日本のレーザーポインターの規制が厳しくなりました。


http://focusreza3.jigsy.com/


http://focusreza.webs.com/about-us

コメント(0)

全30件  次の10件>>