ユーザ検索: (?)


前のメッセージ 最新メッセージ 次のメッセージ

光線を見る場合、空間にレーザーポインターの光が干渉するような浮遊物があったほうがいいわけです。一番いいのは、演出などで使われているスモークマシンですが、これはわりと高価ですし、普段は使わないものですから、そこまでしたくないという人も多いでしょう。そういうときには、タバコの煙でレーザーの光線を見ることができます。

タバコの煙をレーザーの道筋に当てるだけでもギラギラとしたレーザーポインター距離を見ることができますが、できれば室内にタバコの煙をある程度充満させてからレーザーを点けるとかなり光線が見えるようになります。もちろん室内の明かりを消したほうがいいのですが、高出力のレーザーなら多少明るいところでもギラギラした光線がはっきりと確認できます。


カラス撃退 レーザーの最大の特徴は、高いコヒーレンス(可干渉性)。レーザー光のコヒーレンスは、空間的コヒーレンスと時間的コヒーレンスに分けて考えられています。


光の空間的なコヒーレンスは、光の波面の一様さを計る尺度で、5mwレーザーポインター光はその高い空間的コヒーレンスにおいて、ほぼ完全な平面波や球面波を作ることができる。このためレーザー光は長距離を拡散せずに伝搬したり、非常に小さなスポットに収束したりすることが可能になる。この性質は、赤色レーザーモジュールや照準器、また光ディスクのピックアップ、加工用途、光通信など分野に用いられています。


猫用レーザーポインター


レーザーポインター高出力の用途


● デリケートな部分をポイントしても照射面を傷つけない為ショールーム、展示場、博物館での説明など、さまざまなシーンで活用できます。 ● 建築現場や土木工事などの危険な場所で、離れた場所からの作業指示にも最適です。 ● 天文学、提示、個人指導およびオフィスの会合の使用のために完成しなさい。 ● 節電、耐久ですから信頼できます。


カラス レーザーポインター自然、文化遺産での観光案内時に、接触してはいけない箇所の説明 ●遠方、高所での危険箇所の説明等 ●会議やミーティング、プレゼンテーションでの指し棒として ●倉庫で高所や手の届かない場所にある荷物の出庫指示に ●プラントや輸送機器など高温や作動中の危険箇所メンテナンスに ●スポーツ指導や自動車など機械運転の教官の方に ●トンネルや橋梁の補修、マンション外壁などの大規模修繕に ●住宅展示場や見本市会場などで講演や商品説明に、電力配線、エアコンやダクト等の配線配管工事の設置経路説明


http://www.figure.fm/en/post/58202/Diffuse+reflection+laser.html


http://pegitboard.com/pin/d25ac94142ffc8e790a86d271388c6b3


コメント
まだ、ありません。
全0件 
コメントを書くにはログインする必要があります。ログインする