ユーザ検索: (?)


前のメッセージ 最新メッセージ 次のメッセージ

光(10000mw レーザーポインター カラス)には波長があり、波長で色が決まります。

青(紫みの青)(波長:445~485nm)、

緑(波長:500~560 nm)

赤(波長:625~740 nm)

ですが、人間の目は555nmが一番見えやすく、そこから波長が離れるほど見えにくくなるんです。


例えば緑のレーザーは532nm、赤のレーザーは635nm、650nmが主流ですが

見えやすさで比較すると532nm:635nm:650nm=8:2:1となります。


青の超高出力レーザーポインターの波長はそれよりさらに波長が離れているので、

実際には青より緑レーザーの方が10倍以上明るく見えます。

1Wの青レーザーより、その10分の1の出力の100mWの緑レーザーの方が

かなり明るいと言われているほど、グリーン視認性が高いです。


また、遠くまで届くかとのことですが

わずかにグリーンレーザーの方が遠くに届く可能性はあります。

可視光線より長い波長の赤外線が大気に吸収されにくく、

逆に可視光線より短いX線やガンマ線などが大気に吸収されやすいことから、若干の影響はあるかもしれません。


超高出力レーザーポインター


赤 有ります 緑 あります 青 有ります 黄 有るようです(オレンジ色にも見える) それ以外にパープルも有ります 怖いのは赤外線です(目に見えない) 青緑ですがメーカーによってはグリーンがそのように見えるもの、ブルーが見えるものがあります 「猫レーザーポインター」等、色名を付け検索してみてください



レーザーポインター 通販 として知らレーザーポインター(レーザーポインタ)、ペンスターを指すが、ポータブル、簡単にハンドグリップ、レーザモジュール(ダイオード)であるように設計可視レーザーペン型エミッタに加工されている。一般的には、赤色レーザーポインター2000mw(650-660nm)、緑色(波長532nm)、青(445-450nm)等の青紫色光(波長405nm)とを有している。一般的に報告されます、教えは、光をキャストするためにそれを使用します大学の講師は、ポイントや光のオブジェクトのポイントを反映していた。


近年、フルカラーレーザーグローブなどという、さまざまな色を出せるレーザー機器も存在しますが、ここではレーザーポインターに用いられるような代表的な色について簡単な説明をします。


レーザーポインターに用いられる色は、赤・緑・青がもっとも有名です。なかでも赤色のレーザーは、レーザーに興味がない人でも見たことくらいはある色でしょう。赤色レーザーは量産・普及が進んだこともあり、現在は安価な価格帯におかれているレーザーです。


次に普及しているのが緑色レーザーです。緑色レーザーも近年普及が進み、以前ほど高価ではなくなりました。しかし、レッドミニレーザーポインターよりは価格が高いようです。一般的に、赤色レーザーは人間の目からの認識に劣り、緑色レーザーは赤色レーザーの約8倍明るく見えると言われています。8倍と言われてもピンと来ないか知れませんが、例えば同じ1mwのものを比べてみると、その差は歴然です。


https://laserscheap.wordpress.com/2016/12/05/laser-beam/


http://lockerdome.com/9332253620764992/9332254929322260


コメント
まだ、ありません。
全0件 
コメントを書くにはログインする必要があります。ログインする