ユーザ検索: (?)


前のメッセージ 最新メッセージ 次のメッセージ
とりわけ近年は、高所作業車・穴掘建柱車のタマ数が不足していて、全国の買取店では年式が新しくて程度のいい車両はもちろん、ユーザーが「廃車」とあきらめている車両にもユーザー自身がびっくりするような査定額がついています。

・たとえば低年式で50万キロ・100万キロオーバーの車両、故障や事故やバッテリー上がりで放置されている車両、キズ・ヘコミなどが多数ある車両、カスタムで個性が強い車両など、日本国内はもちろん、海外の販路を視野に入れると、耐久性抜群の高所作業車・穴掘建柱車ならまだまだ活躍できます(つまりお金になります)。中古|高所作業車・穴掘建柱車|買取

コメント
まだ、ありません。
全0件 
コメントを書くにはログインする必要があります。ログインする