ユーザ検索: (?)


前のメッセージ 最新メッセージ 次のメッセージ
ドラマ『お父さんが変』でキム・ヨンチョルが慈愛に満ちた父の姿で視聴者を感動させている。

29日、KBS第2の週末ドラマ『お父さんが変』第43話では、キム・ヨンチョル(ピョン・ハンス役)の変わらぬ名演技で劇に感動を加味した。劇中、ピョン・ハンス(キム・ヨンチョル)は、生涯を家族だけのために生きてきた温かい父親だが、とてつもない秘密を持っていた。子どもたちの将来のため子どもの頃に濡れ衣を着せられて犯罪者になった自身の身分を隠したまま友人の身分で生きてきたのだ。

ある日、友人の息子アン・ジュンヒ(イ・ジュン)が訪ねてきながら、ピョン・ハンスは彼の偽の父親の役割までしてきた。ついに彼の秘密を知ったアン・ジュンヒと感情的に対立までしている。
お父さんが変 DVD
0171009100240

 

キム・ヨンチョルは、生涯を不安な気持ちで暮らしてきながらも、子どもたちのために自分のすべてを放棄する父としての犠牲を切々と描いてきた。免許も取れず、病院すら行けない境遇にも、いつも子どもたちの幸せだけを願う彼の姿は、家長としての重荷を背負った父親の生き方を代弁し、感情を移入させている。

第43話でイ・ジュンがキム・ヨンチョルを許し始めた。そしてアン・ジュンヒは「実は私はこの家で本当の家族の情を感じた。一緒にいた時間、幸せだった。この事実を知った時、怒ったのを隠したのは事実だけど、私の家族がなくなったという事実に怒ったし悲しかった」と涙を流した。「私がおじさんに与える罰だ。一生罪悪感を持ちながら子どもたちによくしてやって」と言った後、家を出ていった。去っていったイ・ジュンの部屋でキム・ヨンチョルは嗚咽した。
韓国ドラマ 被告人 DVD

コメント
まだ、ありません。
全0件 
コメントを書くにはログインする必要があります。ログインする