ユーザ検索: (?)


前のメッセージ 最新メッセージ 次のメッセージ
高畑充希が主演を務める連続ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第8話が8月30日に放送。竹内涼真演じる麦野初の過去が明らかになる。

遊川和彦が脚本を務める本作は、21歳にして生活のすべてにおいて親任せで、超過保護に守られて生きてきた“純粋培養”の女子大生・根本加穂子=カホコ(高畑)が、自分とは正反対の環境で育った1人の青年・初と出会って成長していくホームドラマ。これまで、親の徹底した庇護のもと、愛情だけを一心に注がれてきたおかげでその屈託のない笑顔だけは天使のように可愛らしい超天然人間のカホコと、画家を目指す青年・初との出会いや、初めてのアルバイト、初恋の末に母・泉(黒木瞳)と対立する様子、父・正高(時任三郎)と泉の家出。親戚一同が揉め始める様子が描かれた。

無事に初と付き合うことになったものの、家族の考え方を巡って喧嘩別れしてしまったことに激しく落ち込むカホコ。しかし、両親の前では超ハイテンションに振る舞い、病気の祖母・初代(三田佳子)にも孫が見せられるようにと婚活を宣言する。早速婚活パーティーに参加したカホコだったが、今まで初に言われた言葉が次々と頭をよぎり、会話が弾まず散々な結果に終わる。
過保護のカホコ DVD
0905094629
 

その頃、初代の病気についての親族会議が開かれるが、治療費や世話についてそれぞれ自分の言いたいことを言うばかりで足並みはバラバラ。ついには各々が日頃から溜めていた不満を吐き出し、会議は決裂してしまう。

婚活に敗れて帰ってきたカホコは、親族会議から逃れてきた初代に花嫁修業として料理を教えてもらうが、初代は無理やり初のことを忘れようとしているカホコを心配する。そんな中、母・泉(黒木瞳)から話し合いで揉めたことを聞いたカホコは、初代に1日でも長生きして欲しいという気持ちは家族全員同じはずだと話し、泉に仲直りを勧める。その姿を見ていた父・正高(時任三郎)と初代は、カホコの成長を感じる。

解決策の見えない初代の病気と今後について、どうしても初に相談したいと思うカホコだったが、初から連絡が来るはずもなく……。代わりに叔母の教子(濱田マリ)から家に連れ帰ってきてしまった迷子(横山歩)を警察に連れて行くのに付き添ってほしいと連絡が来る。男の子は養護施設から逃げ出してきたことがわかり、送り届けるとそこにはある絵が飾ってあった。それを目にしたカホコは、幼い日の初が描いたものだと直感。初についての意外な過去を知ったカホコは、ますます初に会いたい思いが募り……。
逆賊:民を盗んだ盗賊 DVD

コメント
まだ、ありません。
全0件 
コメントを書くにはログインする必要があります。ログインする