ユーザ検索: (?)


当然、各家庭毎に環境は異なりますので、単純比較することはできないと思いますが、標準値よりも総支出が明らかに多い場合など、自分の世界だけでは発見できない節約ポイントを見つける こともあるかもしれません。せっかく公開してくれているデータですので、有効に活用しましょう。
コメント(0)

総務省統計局では家計調査データを公開しておりますので、この一般的な家計簿の数値と、自分の家計簿の数値を比較してみるのもよい刺激になるかもしれませ ん。
コメント(0)

あとは記録したお金の流れをまとめ るだけですので、これは週に一回くらいのペースで集計していけばよいでしょう。 とにかく支出を忘れない工夫が大切と覚えておきましょう。
コメント(0)

漏らさずに記録するためには、お金に流れが発生した場合、即座に記録するのが一番よい方法です。 お買い物などレシートがもらえる場合は必ずもらう、自動販売機などレシートがもらえない支出は、 ケータイのメモにすぐ記録するなど、支出を忘れないように自分なりに工夫してみましょう。支出 を記録した時点で家計簿の記入は終わったと思ってよいです。
コメント(0)

大抵の場合、使ったお金を記録し忘れていることが ほとんどなのですが、このようなことを未然に防ぐためにも、お金の流れを 漏らさず記録することが大切なのです。
コメント(0)

家計簿をつける際の最大のポイントは、「漏らさず欠かさず」が 大切になってきます。家計簿をつけているときに、一番困るのは金額が合わないことです。お給料が これだけ、今月はこれだけ使って残りはこれだけのはずなのに、お財布と銀行に残っているお金と一 致しない、この様なことがよく起こります。
コメント(0)

家計簿 は非常に有効なお金の管理方法ですので、まずはやってみることをオススメ致します。
コメント(0)

家計簿をつける必要があるのは、なにも主婦の方だけではなく、収入を得ている社会人の方であれば、 自分のお金を自分で管理することは当然の事と思います。     
コメント(0)

全8件