ユーザ検索: (?)


前のメッセージ 最新メッセージ 次のメッセージ
腸内フローラが産生する代謝物質は大腸がんや大腸炎のほか、肝がんや腎臓病、動脈硬化、アレルギー、自閉症など、全身に及ぶ病気等との関連が動物実験や臨床試験で報告されています。腸内フローラが乱れると特定の金が増えてしまったり、その逆に特定の菌が減ってしまったりするんです。そうなると活性化したりすることで病気の引き金となる代謝物質を作るようになってしまうんですね。そうするとどんなことが起こると思いますか。まず腸内フローラが見られることでまず腸内細菌のバランスが来るとお腹の中で炭酸ガスがたくさん作られておならがとても頻繁に出るようになります。しかも未消化物が入っていて腐敗させられたものが中に混ざっていたりするのでおならのにおいが臭くなります。そして極めつけは便秘です。

コメント
まだ、ありません。
全0件 
コメントを書くにはログインする必要があります。ログインする