ユーザ検索: (?)


前のメッセージ 最新メッセージ 次のメッセージ

「体脂肪率(percent of body fat )」というものは、身体の中の脂肪の蓄積している度合いであり、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat、%)=体脂肪の量(キロ)÷体重(weight、キログラム )×100」という計算で求めることができます。

吐血(とけつ)も喀血(かっけつ)も口からの出血に変わりはありませんが、喀血というものは咽頭から肺を繋いでいる気道(きどう)からの出血であり、吐血というのは無腸間膜小腸より上部にある消化管から出血する病状を示しています。

世界保健機関は、人体に有害なUV-A波の度を越した浴び過ぎは皮ふ病を引き起こす可能性が高いとして、18歳以下の若い人がファッション感覚で日焼けサロンを利用する行動の禁止を強く提案しています。

ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、四肢が無感覚になったり脚の著しい浮腫などが代表的で、発症から時間が経つと、最悪のケースでは心不全も連れてくることがあるそうです。

クシャミ、鼻水、鼻づまりや目の掻痒感・ゴロゴロする感じなどの花粉症の不快な症状は、アレルギーの原因物質となる花粉の飛散している量に比例するかのように悪化してしまう特性があると言われています。



ポリフェノール最大の作用はL-アスコルビン酸やV.E.(ビタミンE)などとは異なっていて、細胞間の水溶性部分や脂溶性部分、更には細胞膜でも酸化を遅れさせる効果があります。

日々繰り返される折り目正しい生活の継続、暴飲暴食しないこと、無理のない運動や体操など、アナログとも言える自分の体への注意が皮膚の老化防止にも関係するということです。

バランスの取れた食生活や体を動かすことは当然ですが、体の健康や美容を目的とし、特に欲しい栄養を補うために色々なサプリを飲む事が珍しくなくなったようです。

複雑骨折してかなり出血した状態だと、急に血圧が下がって目の前が暗くなるようなめまいや冷や汗、胸のムカつき、立っていなくても起こる意識消失などの脳貧血が見られる場合もあります。

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)を有している精液、血液、腟分泌液、母乳、唾液などのあらゆる体液が、乳飲み子や交渉相手などの粘膜や傷口等に接触する事で、HIV感染の可能性があります。



鍼灸針を患部に刺してもらう、という物体的な程よい幾多の刺激が、神経細胞を活性化し、神経インパルスという名称のいわば電気信号の伝達を誘発するのではないかという見解が一般的です。

過食、太り過ぎ、喫煙、運動不足、不規則な生活、肉体的なストレス、加齢というような様々な誘因が組み合わさると、インスリン分泌が少なくなったり、働きが鈍くなったりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病に罹患するのです。

数あるギプスの中でもグラスファイバー製のものは、非常に強くて軽量で長く使うことができ、雨などで濡れても使えるという利点があるため、現代のギプスの中でも定番だと言われています。

体重過多に陥っている肥満は前提として摂取する食物の栄養バランスや運動不足などが素因ですが、同量のごはんでも、慌ただしく食べ終わる早食いを日常化することにより体重過多に陥っている肥満(obesity)を招く結果になります。

不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、病気ではなくても症状が現れることがあるためさほど珍しい心臓病とは限らないのですが、短時間で発作が次から次へと発生するケースは楽観視できません。



コメント
まだ、ありません。
全0件 
コメントを書くにはログインする必要があります。ログインする