ユーザ検索: (?)


前のメッセージ 最新メッセージ 次のメッセージ

痩せたいがために摂取カロリーの総量を抑える、食事を飛ばす、というような生活のスタイルが必要な栄養までもを不足させ、四肢の冷えを招くことは、頻繁に危惧されていることです。

アメリカやヨーロッパ各国では、新薬の特許が切れてから約4週間後には、市場の80%がジェネリック(ジェネリック医薬品、後発医薬品)に替わるという医薬品もあるほど、ジェネリック医薬品(Generic drug)は世界各国に浸透しているという現実があります。

最大の臓器である肝臓に中性脂肪(中性脂質)や食物由来コレステロールが蓄積した脂肪肝(しぼうかん)という病気は、動脈硬化や糖尿病を筆頭にいろんな生活習慣病の合併症の素因となる恐れがあるのです。

緊張性頭痛は仕事や勉強などでの肩こり、首のこり、張りが誘因の慢性頭痛で、「まるで締め付けられるような痛さ」「ドーンと重苦しいような耐え難い頭痛と言い表される症状が特徴です。

細菌やウィルスなど病気を引き起こす病原微生物、すなわち病原体が呼吸とともに肺の中へ入って感染してしまい、片方もしくは左右両方の肺が炎症反応を露呈している状況を「肺炎」と称しています。



「体脂肪率(percent of body fat )」とは、人体の中の脂肪の占有する比率を指しており、「体脂肪率=体脂肪の量(kg)÷体重(キログラム)×100」という計算によって把握できます。

グラスファイバーで作られたギプスは、ダメージに強くて重くないのに耐久性に優れており、濡らしてしまっても壊れずに使えるという特長があるため、今のギプスの中でも王道となるまでに浸透しました。

既に歯の表面の骨を減らすまでに進んでしまった歯周病は、原則病状が和らいだとしても、エナメル質が元の量に復元されることは無いということを頭に入れておいてください。

くしゃみや鼻みず、鼻づまりに目の痒み・ゴロゴロするような異物が入っている感覚などの花粉症の不快な症状は、アレルギーを起こす花粉の飛散している量に追従しているかのように酷くなってしまうという特性があるそうです。

肥満というのは当たり前のことながら食生活の習慣や栄養バランス、運動不足が素因ですが、量は変わらないごはんでも、短時間で終了する「早食い」を日常化することによって体重過多に陥っている肥満(obesity)の状態を招きます。



めまいが出ず、長時間続く耳鳴りと低音域の難聴の症状のみを何回も発症する症例のことを区分けして「蝸牛(かぎゅう)型メニエール(メニエール氏)病」という症例も多いようです。

子供の耳管の特徴は、大人と比較して幅があって短い形で、尚且つ水平に近いため、様々なばい菌が進入しやすくなっています。幼い子供がよく急性中耳炎を起こすのは、これが原因です。

AED(Automated External Defibrillator)とは医療資格を保有していない一般の人にも使える医療機器で、機器から流れる音声ガイダンスの手順に従ってケアすることで、心室細動に対する絶大な治療効果を発揮してくれます。

胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科的な治療法では大体「大動脈内バルーンパンピング法(IABP)」と「大動脈冠動脈(かんどうみゃく)バイパス移植手術」の双方の手術の方法が標準的に導入されています。

ロックミュージシャンのコンサートの施設や踊るためのフロアなどに備えられている大きなスピーカーの正面で爆音を聞いて難聴になる症状を「急性音響性障害(きゅうせいおんきょうせいしょうがい)」と呼んでいます。



コメント
まだ、ありません。
全0件 
コメントを書くにはログインする必要があります。ログインする