ユーザ検索: (?)


前のメッセージ 最新メッセージ 次のメッセージ

今時のオペ室には、トイレや器械室(apparatus room )、準備室を併設し、手術中に患者を撮影できるX線装置を付けるか、そうでなければ近辺にX線装置用の専門室を付属させるのが普通だ。

ジェネリック医薬品というのは新薬の特許が失効してしまった後に市場に出回って、新薬とまったく同じ成分で経済的な負荷が小さい(価格が少額の)後発医薬品そのものです。

もし婦人科の血液検査で事実上卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が基準値を下回り早発閉経(early menopause)だと判明したら、不十分な女性ホルモンを補填してあげる治療で改善できます。

めまいが診られず、不快な耳鳴りと難聴の2つの症状を何回も繰り返すパターンを区別して「蝸牛(カタツムリ)型メニエル病(Cochlear Meniere's Disease)」という名前で診断する症例があるのです。

ポリフェノール最大の作用は水溶性のL-アスコルビン酸(ビタミンC)や脂溶性のV.E.(ビタミンE)などとは違っており、細胞間の水溶性の部分や脂溶性部分、そして細胞膜でも酸化しにくくする効果を発揮するのです。



食べ過ぎ、体重過量、運動不足、遺伝、心身のストレス、老化というような様々な因子が合わさると、インスリン分泌が衰えたり、機能が鈍化したりして2型糖尿病(ICD-10:E11)に罹患するのです。

肥満(obesity)は勿論摂取する食物の栄養バランスや運動不足などが素因ですが、同量のごはんでも、かきこむように食べ終わる早食いを続ければ肥満(obesity)を招きやすくなると言われています。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)とは皮脂分泌の異常により生じる湿疹で、分泌がおかしくなる主因としては生殖ホルモンの不均衡、V.B.コンプレックスの慢性的な不足などが大きいと考えられているのです。

一見すると「ストレス」というのは、「溜めないようにするもの」「除外しなければいけない」と思われがちですが、本当のところは、私たちヒトは色々なストレスを感知するからこそ、生活し続けることが可能になっています。

既に歯の周りのエナメル質を溶かしてしまうほど酷くなってしまった歯周病は、たとえ症状そのものが和らぐことはあっても、失ったエナメル質が元通りに復活するようなことはないと言われているのが現状です。



内臓が脂肪過多になっている肥満が診られて、油脂の摂取などによる「脂質過多」、塩分摂取などが関係している「高血圧」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」のうち2項目か3項目全てに当て嵌まる健康状態のことを、メタボリックシンドローム、またの名を「死の四重奏」と呼んでいます。

むねやけが主訴の逆流性食道炎は、3~4日くらいきちんと薬を飲めば、大体、9割近くの患者さんの自覚症状は無くなりますが、食道の粘膜の腫れや炎症が完全に引いたことを意味しないのです。

亜鉛は、細胞の遺伝情報(DNA)やタンパク質を合成させるために働く色々な酵素や、細胞・組織などの代謝に必要な酵素など、200種類以上もある酵素の構成要素として絶対なくてはならないミネラルの一種だといわれています。

男性の生殖器である前立腺はその生育や働きにアンドロゲン、即ち男性ホルモンが非常に大きく関わり、前立腺に発現してしまったガンも同様、雄性ホルモンの働きによって肥大化します。

アメリカ


コメント
まだ、ありません。
全0件 
コメントを書くにはログインする必要があります。ログインする