ユーザ検索: (?)


前のメッセージ 最新メッセージ 次のメッセージ

現在の病院の手術室には、お手洗いや器械室(apparatus room )、手術準備室(operating preparation room)を備え付け、手術中にレントゲン撮影できるX線装置を付けるか、そうでなければ付近にX線のための専門室を併設しておくのが常識となっている。

脳内にあるセロトニン神経は、自律神経を調整したり痛みを抑制し、覚醒現象などをコントロールしており、気分障害(鬱病)の患者さんでは動きが鈍いことが科学的に証明されている。

グラスファイバーで製造されたギプスは、ダメージに強くて重くない上に耐久性があって、雨などで濡れてもふやけないという特長があるため、現在用いられるギプスの中でも定番だと言われています。

BMI(体格指数)の計算式はどの国にも共通していますが、BMI値の評価は国ごとにそれぞれ違っており、日本肥満学会(JASSO)ではBMI値22を標準、BMI25以上の場合は肥満、18.5未満の場合だと低体重と定めています。

内臓脂肪症候群とは断言されなくても、内臓脂肪が多めに蓄積しやすいパターンのよくない肥満になることに縁り、辛い生活習慣病を引き起こす可能性が高まります。



「体脂肪率(body fat percentage)」というものは、人の体の中の脂肪が占めている度合いであって、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat、%)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(weight、キログラム )×100」という計算式によって表すことができます。

体脂肪の量にはさして変化がなく、体重だけが食事や排尿などにより一時的に増減するような時、体重が増加した方は体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低くなり、体重が減少した人は体脂肪率が上昇します。

栄養バランスの取れた食事を1日3回とることやスポーツは無論、心身両面の健康やビューティーアップのために、食事の補助として複数のサプリメントを利用する事が標準になっているのです。

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)とは就寝中ではない状態で命を保っていく(心臓の鼓動、鼻からの呼吸、腎臓の様々な機能、体温や筋肉の緊張の保持など)のに外せない理論上の最小限のエネルギー消費量の事を指しているのです。

エイズとはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染が原因となって起こるウイルス感染症の病名であり、免疫不全を招いて健康体では感染しにくい病原体による日和見感染やがんなどを複数併発する病状の事を称します。



前立腺という生殖器はその活動や成長にアンドロゲン、すなわち雄性ホルモンが非常に大きく関係していて、前立腺に出現してしまったがんも同じく、アンドロゲン、即ち雄性ホルモンの力で大きくなります。

基礎代謝というのは人間が動かずにじっとしていても使ってしまうエネルギーのことですが、その50%以上を全身の筋肉・臓器の中で最も大きな肝臓・多量の糖質を必要とする脳が使うと考えられています。

常在細菌であるブドウ球菌(葡萄球菌、staphylococcus)は紫色に染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒力が極めて強烈な黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン)と一方は毒力が微弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2つに分けられるのです。

2005年(H17)年から新たにトクホ(特保)の容器には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との日本語の文章のプリントが食品メーカーに義務付けられた。

ばい菌やウィルスなど病気を齎す微生物(病原体)が口から肺へ潜り込んで伝染し、片方もしくは左右両方の肺が炎症反応を起こした事態を「肺炎」と称しているのです。



コメント
まだ、ありません。
全0件 
コメントを書くにはログインする必要があります。ログインする