ユーザ検索: (?)

サウラさんのコトバコ

不快な耳鳴りには当事者にしか聞こえないという特徴を持った「自覚的耳鳴り」と、血液の流れる音のように本人以外の人にも高性能マイクロホンなどをあてたりすると聞けると言われている「他覚的耳鳴り」があるのです。

体脂肪の量(somatic fat volume)に変動が見られず、体重が飲み食いや排尿などで短時間で増減する時、体重が増えた方は体脂肪率は低下し、体重が減ったら体脂肪率が上昇します。

うす暗い場所だと光量不足によって見辛くなりますが、より瞳孔が開くので、水晶体のピントを合わせるのに余分なパワーがかかってしまい、日の差す場所でモノを眺めるより疲れやすくなるのです。

老人や病気を持っている方は、殊に肺炎になりやすく治るのに時間がかかる傾向が見られるため、予防に対する意識や早めの受診が重要だといえます。

もしも血液検査で実際に女性ホルモンの量が少なくてPOF(Premature Ovarian Failure)だと分かった場合、基準値に満たない女性ホルモンを補ってあげる治療方法で治せます。



大体は水虫といえば足を思いつき、ことさら足の裏にできやすい皮膚病だという認識が広まっていますが、原因菌である白癬菌が感染する場所は足だけということはなく、全身どの部位にも感染する恐れがあるので気を付けましょう。

汗疱(汗疱状湿疹)は主に手のひらや足の裏、または指と指の隙間などにプツプツとした小さな水疱が現れる病気で、通常は汗疹(あせも)と呼び、足裏に出来ると水虫と思い込まれる場合もままあります。

紫外線を浴びると生成されるV.D.は、Caが吸収されるのを促進する働きで有名であり、血液中のカルシウム濃度をコントロールして筋肉の働きを操作したり、骨を作り出したりします。

既に歯の周りの骨を浸食するほど深刻になってしまった歯周病は、たとえ病状が和らいだとしても、失った骨が元通りに再建されることはないのです。

脂漏性皮膚炎という病気は皮脂分泌の異常により出現する湿疹で、皮脂の分泌が異常をきたす主因として男性ホルモンとエストロゲン・ゲスターゲンのバランスの乱れ、ナイアシンなどビタミンBコンプレックスの枯渇等が考えられます。



アメリカやヨーロッパでは、新薬の特許が切れた30日後、市場の80%がジェネリック(後発医薬品)に替わるという薬品もあるほど、後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)は世界中に浸透しているのです。

体を動かすのに必要なエネルギーとしてすぐに役立つ糖分、細胞の生まれ変わりに必要な蛋白質など、行き過ぎた痩身ではこれらのように体を維持するために外せない重要な栄養分までも欠乏させる。

吐血(とけつ)と喀血(かっけつ)は口から血を吐くことに違いはありませんが、喀血とは喉から肺を繋ぐ気道(呼吸器のひとつ)から出血することで、吐血とは無腸間膜小腸より上にある消化管からの出血のことを表しています。

自分で外から観察しただけでは骨折したかどうか区別がつかない時は、負傷した所にある骨をゆっくりプッシュしてみて、その部分に激しい痛みを感じたら骨折かもしれないので、すぐ病院へ行きましょう。

杉の木の花粉が飛散する季節に、乳幼児が発熱はみられないのに頻繁にくしゃみしたり水のような鼻水が止まってくれない症状なら、もしかしたら杉花粉症の可能性が高いかもしれません。


コメント(0)

全11件  <<前の10件