ユーザ検索: (?)


前のメッセージ 最新メッセージ 次のメッセージ
多くの人が陥りがちなのがこれを忠実に英語に再現しようとして約10とすることです。その結果日本語のいましに振り回されてしまった挙句れが止まってしまうことが多々あるでしょう。例えばこの1分で言えばあいつの英語はなんだろうとかまんまとは英語でどうやって書くのだろうかいっぱい食わされるって英語でどうやって描くのといったことをごちゃごちゃと考え始めて悩んでしまいます。しかしこれはあいつやまんまといっぱい食わされるといった日本語にピッタリな英語で英語の達人でもそう簡単には見つけられることなんかできませんよ。いっぱい食わされた上だまされたでもオッケーだと私は思いますそこでまずやらなければならないのは頭に浮かんだ日本語新プリング化することですまたはシンプリフィケーションといいます例えば先程のあいつにまんまといっぱい食わされたと言う1分これは要するに彼に騙されたというシンプリフィケーションをすれば良いのです。ライティングの方では日本語の言い回しを忠実に薬草と思わないでくださいね。日本語を使って生活している我々日本人ですから当然最初に浮かぶのは込み入った日本語の文かもしれません。それは最低限意味の通じる日本語にシンプリフィケーションしていくのですよ。

コメント
まだ、ありません。
全0件 
コメントを書くにはログインする必要があります。ログインする